TROPHY CLOTHING/トロフィークロージング "DIRT DENIM/ダートデニム"

DIRT DENIMとは、その名の通り舗装される前の路面を思わせる凹凸感のあるデニム。 ヘヴィーウェイトのハリと柔らかさ、ノスタルジックなハンドメイド感があります。縦糸、横糸とも 通常より太いムラのある糸を甘めに縒り旧型の力織機、シャトル織機で織ったセルビッチデニムは独特の素材感があります。デニムの産地、岡山県倉敷市でも数台しか無いふるい力織機は生産効率も良くはなく長年培った職人技術が必要となります。 縫製 「UNION SPECIAL」で仕上げた環縫いは、ヴィンテージ特有の美しいパッカリングを浮かび上がらせます。 ポリエステルの芯に綿を巻きつけたコアヤーンを縫製糸に使用。耐久性と色落ちの風合いを併せ持ち、 個所によって糸の太さを変えています。着込むほどに愛着の湧く表情は、メーカーと縫製側の気配りの結晶です。
57910986.jpg
1605 STANDARD DIRT DENIM
必要から生まれたワーカーの道具としてのジーンズが、意志表現をする衣類として広く認知され市民権を得た1950年代初頭。そんなエポックメイキングな時代背景からインスピレーションを得て製作された一本。ハウスナンバーをロットナンバーと記し、TROPHY CLOTHING設立時より生産し続けている不朽の名作です。


57910990.jpg
1606 W KNEE NARROW DIRT DENIM
モータリゼーションの加速した1960年代。オーバルのダートトラックをドリフトで駆け抜けるレーサー、自らガレージで仕上げたバイクでレースに昂じるモーターヘッズ。オイルと土にまみれたアメリカの自由な雰囲気をイメージソースに生み出された代表的な1本。 シルエット 股上を若干浅くしたタイトな腰回り、腿から膝にかけての絞った細身シルエットはバイクに 跨った時を考え生み出されました。膝から裾にかけストレートに伸びたパイプドステムは エンジニアブーツと抜群の相性を見せます。 バイカーから絶大な支持を得ているTROPHY CLOTHINGの代表的なアイテム。
61076419.jpg
2605 DENIM JACKET
DIRT DENIM生地で仕上げたジャケットで、TROPHY不朽の定番ダートデニムとセットアップで着用可能です。胸より下げた位置に配した隠しリベット付きアウトポケットやタックステッチをブラックにする事でスマートに見せる等、オリジナルディティールも魅力です。



他にもTROPHY CLOTHING/トロフィークロージングのアイテムは、現代の物作りには無い、一つ一つの工程に無駄を惜しまず、拘り抜いて作られた物ばかりです。GUIDEPOSTでは、そんなアイテムを多く取り揃えております。是非オススメブランド、TROPHY CLOTHINGをチェックしてみて下さい。

このページの先頭へ

イメージ画像